top of page

HOME

日産カップ1回戦が行われました。

会場に着いてアップをし

メンバーチェックを終え

最後のミーティングで話しながら

彼らの緊張が伝わってきて

公式戦慣れしていない選手達は

顔が強張り、今日は難しい展開になりと思っていました。


経験のあるアシスタントコーチが選手達をリラックスさせてくれ

緊張から解放してくれくれたことで

試合に落ち着いて入ることができました。


試合が始まり序盤はチャンスを活かしきれない嫌な流れが続きましたが

保護者の方々の応援がミスをミスでなくし

先制点が入るまでの難しい時間を

選手達に勇気を与え常に前向きでプレーさせてくれました。


ベンチからは瑛大と尚志が選手達を鼓舞し

ここがホームかのような雰囲気で

このチームのベストゲームと言える試合を

大事なこの日に作ることができました。


選手に恵まれ

保護者に助けられ

スタッフに安心させてもらい

自分1人の力なんて本当に無力だと感じると同時に

気がつけばこんなに多くの味方がいることに気付いて勇気づけられました。


下のカテゴリーの選手、保護者も応援に来てくれて

チーム全員で勝ち取った試合でした。


試合後、U8の選手達が「めっちゃカッコよかった!!」と興奮気味に話していました。

彼にも良い影響を与えられたはずです。

低学年の保護者の方々、観戦にお越し頂きありがとうございました。


まだ1つ。

これからもっと厳しい戦いが待っているので

今日は喜んで

明日からまた切り替えて準備していきましょう!


沢山の素晴らしい応援ありがとうございました🙇‍♂️




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:120回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

תגובות


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page