top of page

自信と結果

フィジカルトレーニングの日でした。


昨日はバックステップを中心に

ボディコンタクトとアジリティー、基礎を行いました。


サッカーは陸上競技とは違い

常に前向きで走ることはありません。

サイドステップもあればバックステップもあります。

昨日はバックステップを行いましたが

試合の中で相手にボールを持たれている場面で

下がりながらディフェンスをしたり

ボールを受ける際にマークを外す動きで

バックステップを使うことも良くあります。


普段の生活の中で

前向きに歩いたり走ったりすることはあっても

後ろ向きにステップを踏んだりすることはない動きなので

トレーニングによって神経を刺激し

身体がスムーズに動くようにしていかなければなりません。

先週末はU8、月曜日はU11の試合がありましたが

U8に関しては体力面は全く足りていないと感じることはありませんでした。

試合が終わる頃にもみんな体力が有り余っている状態です。

ただ、ボジショニングや基礎技術のベースアップは

これから取り組んでいかなければならない課題です。

まだ1、2年生なので、全く焦る必要もありませんが

良い見本が近くに沢山のいるので

見て学んで覚えていきましょう。


U11は瑛大と尚志以外は1学年上の選手達とプレーしているので

フィジカル的には不利な状況ですが

学年が上の相手よりも走れている印象です。

いつも最後のセットは体力がなくなって

内容が落ちることが多かったですが

前回の試合は最後のセットがベストゲームだった程

フィジカル的に良くなってきています。


両カテゴリーとも試合の中で

フィジカル的な成長を感じることができました。

毎週厳しいトレーニングが続きますが

その先に、自信と結果がついてくるので

継続して続けていきましょう!





ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page