top of page

モデルケース



アウェイでトレーニングマッチでした。

序盤は少し落ち着きがなく

奪われてはいけないエリアで

簡単にボールを失ってしまうシーンが多くありました。


ボールを支配する時間が長く

ゴールも多く奪えましたが

イージーミスからの失点もありました。


「10-1で勝つよりも、1-0の方が良い」

選手達には常にこう伝えています。

どんな相手に対しても

ディフェンス面での気の緩みはなくさなければいけません。


選手達も途中から気がついて

ディフェンスへの意識が高くなり失点も減りました。

意識を変えるだけでディフェンスは変えられます。


攻撃に関してはすごく前向きな内容でした。

特に蒼の位置で何度も突破に成功し

突破の仕方も状況によってワンツーやドリブル突破など

バリエーションも豊富でした。


蒼には個人レッスンで彼のスタイルに合ったドリブル教えました。

ボールの持ち方も抜き方も、プレーのアイディアも

教えたことをしっかりと自分のものにできています。


レッスンをして終わりではなく

蒼の良いところは、そこで完結しないところにあります。

実際に彼がトレーニングをしているかは知りませんが

蒼のここ数ヶ月の成長がその答えだと思います。


元々判断はすごく良かったので

パス&コントロールのスキルが上がったことで

ボールロストが減り

ドリブルに自信をつけたことで突破の回数が増えました。

課題だったコーチングもできるようになりました。


バックパスばかりしていた蒼が

勇気を持って前を向けたことは

今後のチームにとっても良いモデルケースとなりました。


今日、うまくいかなかった選手も必ず突破口があって

何か1つのきっかけで大きく成長できる可能性を持っています。


本気で成長したいと思うことで

全てに対して見え方、聞こえ方が変わってくるはずです。

全員で高め合える集団にしていきましょう!


本日は遠くまでお越し頂きましてありがとうございました!!






ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page