top of page

ディフェンス

U10,U12はトレーニングマッチでした。


U12はディフェンスの意識を高く持って

自分のマークに責任を持とうという話をしました。


椋丞を中心にすごく集中して守れていました。

前線の選手が飛び込まずに

相手のパスコースを限定し

後方の選手がインターセプトできる場面も多くあり

U10もチームとしてのコンセプトが浸透してきました。


オフェンス面では効果的なサイドチェンジができる場面もあり

技術的にも良くなっていますね!


U12はナイターでの試合でした。

序盤の数本はハードワークができ

生と貴市のところで前を向いて仕掛けることができました。


8人ギリギリで交代なしだったので

後半の2本は反応が遅れ

足も止まってしまったので勝負になりませんでしたが

そこは問題ではないので

内容には満足できものでした。


明日はリーグ戦があるので

とても良い準備ができたと思います。


今日のMVPは…凉丞、光、生&貴市!👏✨


凉丞:7.5

間合いの詰め方が良くなり

ポジショニングもかなり改善されました。

セービングだけでなく

ビルドアップに関してもすごく良くなりましたね!


光:7

取り組み方が良くなりました。

ゴールに絡むプレーも増えて

今日は守り方も覚えました。

光が活躍するとチームが盛り上がります。

こうゆう選手は貴重です✨


生:8

今日はキャプテンとしてチームをまとめるだけでなく

プレー面でも引っ張ってくれて

生の特徴がすごく出た試合でした。

大事な場面で決めることができるのも

生の素晴らしいところですね。


貴市:7.5

攻守において大活躍の内容でした。

特に守備面では献身的なプレーができます。

オフェンスに特徴のある選手ですが

とても責任感があってチームを助けることができます。




ペルージャジャパン

河井


閲覧数:120回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page