ゴールは間接視野で見る


【menu】

❶ポゼッション(3vs1)→❷シュート練習→❸1対1→❹ゲーム

【keyfactor】

・ボールへのインパクト


昨日の引き続きシュートへの意識を変えることを伝えました。

ある種の開き直りを持って打つこと。

ゴールは間接視野で見て、ボールへのインパクトを意識すること。

そして、ゴールへの欲求を高めること。



サッカーの中で最もエモーショナルな瞬間です。

感情を解放してセレブレーションを楽しみましょう!

拓奨は種類が豊富で、綾太はクール。

生は体操のスキルを活かして派手なセレブレーション。

みんな個性があって良いですね!



FWはゴールのことばかり考えてプレーすることが大切。

ゴールを決めたいという欲求が高まれば

自然とゴールからシュートを迎えにきてくれます。



キャンプを経験して、選手達が精神的にすごく成長したと感じます。

1人ひとりが責任感を持って行動して

仲間を想い合って、相手にリスペクトを忘れないように。

この雰囲気が一過性のものにならないように

丁寧に向き合っていきたいと思います。



ペルージャジャパン

河井コーチ


35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon