top of page

ゴールは間接視野で見る


 

【menu】

❶ポゼッション(3vs1)→❷シュート練習→❸1対1→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・ボールへのインパクト

 

昨日の引き続きシュートへの意識を変えることを伝えました。

ある種の開き直りを持って打つこと。

ゴールは間接視野で見て、ボールへのインパクトを意識すること。

そして、ゴールへの欲求を高めること。



サッカーの中で最もエモーショナルな瞬間です。

感情を解放してセレブレーションを楽しみましょう!

拓奨は種類が豊富で、綾太はクール。

生は体操のスキルを活かして派手なセレブレーション。

みんな個性があって良いですね!



FWはゴールのことばかり考えてプレーすることが大切。

ゴールを決めたいという欲求が高まれば

自然とゴールからシュートを迎えにきてくれます。



キャンプを経験して、選手達が精神的にすごく成長したと感じます。

1人ひとりが責任感を持って行動して

仲間を想い合って、相手にリスペクトを忘れないように。

この雰囲気が一過性のものにならないように

丁寧に向き合っていきたいと思います。






ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランジションと球際

U12はトレーニングでした。 ラントレを50分した後 ゲーム中心の内容でしたが 「責任を持って自分のマークを外さない」をテーマに トランジションと球際の強度にフォーカスしました。 ラントレの後だったので かなり疲労感があって マークを徹底するのが難しかったですね。 「コーチ!マーク!!」 何度も諒祐のマークを外してしまい 選手達の容赦ない指摘が、、、(苦笑) 今日はラントレからトレーニングまで 諒

Commenti


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page