top of page

平成の教科書



千葉印西校。


今日のテーマは【ダイレクトプレー】でした。


ダイレクトプレーは

この年代の選手達にも難しいスキルの1つで

なぜ難しいかというと


①技術的な難しさ

②受ける前に周りが見えてないといけない

③味方も準備が必要


大きくこの3つがあげられます。

動いているボールを蹴る(コントロールする)のは難しいし

周りが見えてないと

どこに蹴っていいか判断ができません。

更に、この2つをクリアしても

味方がダイレクトのタイミングで準備できていないと

プレーは成立しないので

イメージが共有できている必要があります。


今日のトレーニングではダイレクトをテーマにしましたが

やはり少し難しそうでした。

オーガナイズをもっとシンプルにして

技術にフォーカスしてやるべきだったかもしれません。


でも、新しいチャレンジはできたと思いますし

改善点も理解できたので

次ダイレクトをやる時は

トレーニングを成功させることができます。


我々は選手と同じで

常に学び続けていますし

過去の成功体験に拘ることはしていません。


スクールでは同じテーマであっても

極力、同じオーガナイズにしないことが多いのは

コーチングスキルは日々アップデートしていますし

選手達は『鮮度の高い』トレーニングを提供することで

「今日は何をするんだろう」と持ち学ぼうとする気持ちが高まります。


それはコーチだけでなく

子育てにも同じ事が言えると思います。


親が様々な価値観に触れ学んでいる姿勢を見て育つ子供と

いつまでもアップデートされない

平成の教科書を元に育つ子供では

子供にかける言葉が変わるし

接する態度もより良く変わっていくので

知能の発達に大きな差が出ます。


新しいものや自分とは違う考えを受け入れられない大人が

子供達にとってプラスな環境を作れることはないと思います。


印西校の保護者の皆さんは

学びに熱心な方が多いです。

子供の為にできることをしてあげたい。

この気持ちが何よりも大切で

それを強く持った人たちが集まっています。


我々も負けないように学んでいきますので

一緒にアップデートしていきましょう!


今日のMVPは、、、輝!!👏✨

ドリブルのトレーニングでは持ち方(姿勢)が良く

綺麗にボールを運べていました。

対人プレーに強く

自分でプレーを完結できる能力を持っています。




ペルージャジャパン

河井


閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体力がないは言い訳

フィジカルトレーニングとトラップをテーマにトレーニングしました。 ラントレを初めて走る選手も多く 体力的に厳しそうな選手もいましたが 最後まで良く頑張りました。 「体力がない」は言い訳です。 長距離は誰でもトレーニングで走れるようになるので 継続してやり続けることが大事です。 今日、走れなかったとしても大丈夫。 明日頑張れば良いし 今日頑張れたなら 明日もきっと頑張れます。 メンバーが新しくなって

自分に負けてしまうこともある

フィジカルトレーニングを行いました。 低学年はいつもよりペースを上げて走りました。 足が速い、遅い 体力がある、ない 現時点での差は気にしなくて良くて 自分の中で限界まで走ったのかが大事。 殆どの選手が追い込むことはできていないけど 頑張れている選手も中にはいる そんな選手は今は体力がなくても 必ず体力はついてくる。 ただ、今日頑張れなかったから じゃあ自分はダメなのかというと そうではなくて ど

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page