コーチングライセンス



週末はD級ライセンス取得の為に栃木へ行ってきました。

週末にチームを離れることには抵抗がありましたが

サッカー協会にチーム登録に向けて必要な資格の為

今回は2日間の時間を頂きました。


コーチングライセンスは

以前、セレッソ大阪でコーチをしていた時に

C級を取らせてもらったことがありました。



もう、昔のことであまり記憶がないのですが

当時はまだ若かく尖っていたこともあり

素直に学ぶ姿勢を持ち合わせておらず

何も得ることなく

ただ、資格を取る為だけに行った覚えがあります。

今回も、あまり乗り気ではありませんでしたが

今後チーム登録する為には必要なので

仕方なく受けることにしたのが正直なところです。



講習は2日間あり

実技と講義の指導を受けます。

協会のインストラクターの方の講義では

選手達に対してのアプローチの仕方であったり

コーチとは、という原点的な話をして頂きました。

自分もコーチを始めた時に持っていた

今では忘れかけていた気持ちが蘇ってきて

同時に今の自分は失ってしまっていることに気がつき

気がつけば話を前のめりに聞いていて

非常に有意義な時間となりました。


選手をうまくすること

チームを強くすること

そこにフォーカスし過ぎて

最も大切な、選手目線になって

サッカーの魅力を伝えることは

ジュニア年代を扱う我々にとって

見失ってはいけないことですね。


実技では、インストラクターのトレーニングを受けました。

C級の時は教えることがメインだった記憶がありますが

D級はプレーすることがメインで

2日間で5時間ほどあったのですが

めちゃくちゃ走らせて頂いて(走らされて)

普段プレーすることがないので

身体がバキバキになりました(笑)

ここでも、選手の気持ちを再確認することができました。

コーチが話している時に集中できない原因

プレーしている時に考えていること

時間配分の大切さ

実際にプレーする立場になって気がつくことが沢山ありました。


もう、選手を辞めてから随分と時間が経ち

忘れかけていた選手側の視点を持てたことは

今後のコーチングに影響を与えることができると思います。

芝生の匂い

心地良い疲労感

ゴールへの欲求

できないことへの悔しさ

全てが懐かしくて

身体は限界なはずですが

このままずっとボールを蹴っていたいと思う程

幸せな時間でした。


2日間の講習でしたが

本当に学びの多い濃い時間となりました。

受ける前は大変失礼ながら

今更、教科書みたいなサッカーを学ぶ必要はないから

とにかく早く時間が過ぎてくれ、くらいに考えていましたが

他人の視点を学ぶことの楽しさ

選手となってプレーすることで

サッカーの楽しさを再確認することができ

生意気だった自分をぶん殴ってやりたいくらい

アカデミーに還元できるものが沢山詰まった2日間になりました。

2日間、お休みを頂きありがとうございました。

この貴重な経験を

今後、アカデミーの選手達と関わっていく上で

存分に活かしていきたいと思います!


ペルージャジャパン

河井

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon