top of page

初陣

U12はリーグ戦でした。

新チームになってから初めての試合で

初めて全員が揃いました。


チームとして共有できることが少ない中で

状況に応じて戦術を変えながらプレーし

難しい試合となりましたが

個々の部分で新しく入ってくれた選手達の

トレーニングでは気づかなかった個性が見れたり

今後チームをビルドアップしていく中で

課題となる部分にも明確になりました。


技術的な面で改善は必要ですが

全体的にはポジティブな印象を持っています。


全員が毎回トレーニングに参加できるわけではないので

チームとして共有していくべきことを

今後、AIカメラを導入して(在庫状況の問題で少し遅れています)

試合の振り返りや分析を行って

まとめていきたいと思います。


AIカメラ導入の為に寄付をしてくださった保護者の皆様

心から感謝しております。

ありがとうございます。


U10はトレーニングを行いました。

このチームは人数がこれまでの倍以上になり

新しい選手が多いので

メソッドをしっかりと伝えていきたいと思います。


個性的な選手が多くレベル差もあるので

まとめるのが大変ですが

4年生は高学年に帯同させたり

1年生やトレーニングの量が必要な2年生は

別でトレーニングするなど

少しやり方に工夫が必要だと感じています。


理想は3つのグループに分けるくらいが良いのですが

予算や時間と相談しながら

選手達にとってベストな選択を柔軟にしていきたいと思います。


最後に、急遽審判をお願いすることになり

快くサポートしてくださった保護者の方々に感謝します。

ありがとうございました。


今日のMVPは、、、貴市&大峨!!👏✨


貴市:7

レベルの高い相手に対して

果敢に突破を仕掛けることができ

チームが苦しい状況の中で

最もゴールの可能性を感じました。

突破の後のディテールにはまだ課題がありますが

伸び代がすごくあるので

トレーニングしていきましょう!


大峨:7

トレーニグへの取り組み方も良く

チームを引っ張ることができる存在になりつつあります。

ペルージャは学年で区切らないので

大峨は体格も良く向上心もあるので

もっと技術をつけないといけないし

今のままではまだ足りませんが

十分に上のカテゴリーでもやれる可能性を持っています。

頑張っていきましょう!




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:137回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comentarios


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page