top of page

4つのポイント

千葉印西校


フィジカル、FUNメニュー、シュート練習を行いまいました。


サッカーの試合で最も盛り上がるのは

シュートが決まった瞬間です。


試合中にシュートシーンは何度も訪れるわけではない為

日々の練習からシュート精度を高めることが重要ですね。


シュートを決める為のポイント


①ボールを置く位置

すぐにシュートを打つことができる位置だと考えてください。

ワンステップかツーステップで

すぐにシュートを打てる位置にボールを置きましょう。


②シュートコース

力強いシュートを打っても

キーパーの真正面では止められてしまいます。

キーパーの手が届かないコースを狙って打つようにしましょう。


③状況に応じたシュートを選択する

相手ディフェンダーやキーパーの状況を把握した上で

状況に合わせて臨機応変に打ち分けましょう。


④マインド

シュートは選手の精神状態が出やすいスキルです。

常にポジティブで

頭で理想的なシュートの絵を描けるような状態でいましょう。


ただ闇雲にシュート練習を行うのではなく

この4つの原則を守ってシュート練習に取り組むことが大事です。


シュートを打つことは勝敗を分ける上で非常に重要な要素の一つです。

1本1本、しっかり意図を持って打つようにしましょう!


今日のMVPは、、、翔太!!👏


翔太:7.5

チャレンジの精神があって

失敗を恐れずにプレーができていましたね。

キック精度も良くなってきて

素晴らしいシュートも沢山ありました。

試合ではドリブルで仕掛ける場面が多く

相手を抜いてフィニッシュまで持っていけていました。




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

思い込みの影響

千葉印西校。 『パスの質』をテーマにトレーニングを行いました。 A地点からB地点まで 同じパスでもスピードが違えば到達時間が変わります。 当然速い方が相手に奪われにくいのですが 速いボールはコントロールが難しくなります。 「失敗しないように」というネガティブな意識があると 丁寧に蹴ってしまいがちです。 子供達は本来、素晴らしい創造性を持ち合わせていて 非常にポジティブな生き物です。 それが大人にな

脳を錯覚させる

千葉印西校。 先週に引き続き シュートをテーマにトレーニングしました。 シュートは教えることが非常に難しい分野の1つで これだけやったらできるようになるという分量は存在しません。 感覚的な部分も多く できるまで(感覚を掴むまで)やり続ける そういった想い続けるという姿勢が大切になってきます。 シュートに限らずですが 技術の習得にはどれだけ熱量を持ってアプローチできるかがとても重要な要素となります。

留言


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page