top of page

自分のアクションを目標にする



千葉印西校。


今日のテーマは【角度をつける】でした。

パスを受ける際に相手が触れるラインから外れることにフォーカスしました。


印西校の選手達は

様々なレベルの選手がいますが

基本的にみんなすごくやる気があって

頑張れる選手達です。



サッカーに対して意欲的で

気持ちが強いということは

今後大きな成長が期待できます。


ただ、気持ちに技術が追いついてないことあります。

頑張っているのに技術的良くなっていかない。

これはとても難しい問題です。



以前ブログで書いたように

技術はどれだけ量が確保できるかで決まります。

頑張ってはいるものの

結果がそこへリンクしていないと

モチベーションを保つことが難しくなってきます。


自分が1番良くわかっているはずなので

いきなり直接的に変えられることではないことを

親やコーチなど周りに求め過ぎられ過ぎても

強い気持ちを維持することが難しくなります。



高いモチベーションを持ち続けるには

自分自身がコントロールできることを目標に置くことが大事です。


それも選手によって能力は様々なので

選手毎にアプローチを変えてあげることも大事な要素です。


「リフティングを1000回できるようにしよう!」ではなく

「毎日リフティングする時間を30分確保しよう」このほうが自分の力で成し遂げられる目標に近い可能性もあります。



実際の自分のアクションを目標にすることで実現可能性が上がり

気持ちの維持はしやすくなります。


選手達の感情を上手くポジティブな方向へコントロールしてあげることも

親やコーチの重要な役割の1つです。



完全にコントロールしようとせず

成功できる可能性の高い方への方向づけをしていこうと思います。


今日のMVPは…海利!!👏✨


海利:7.5

角度を作るというテーマに対して

良く理解し実践(ゲーム)でも意識できていました。

やったことを吸収して表現できる能力は

海利の素晴らしい特徴の1つですね!

今日も集中力があり素晴らしいプレーでした。





ペルージャジャパン

河井

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page