top of page

環境をデザインする



フィジカルトレーニングを行いました。


「子供にフィジカルトレーニングはやってもいいのか?」

たまにこうした質問を受けることがあります。



確かに負荷が強ければ怪我することもあるし

ジュニアのうちはもっとボールを使ったトレーニングをすべきとの意見も理解できます。


ただ、自分自身ペルージャのユースにいた頃に

ボールフィーリングだけでは何ともならない

フィジカル的な差、アスリートとしての根本的な差を感じました。



実際に90分のサッカーの試合で

1人の選手がボールに触れている時間は2分くらいと言われています。

残りの88分はボールに触れていません。


ボールに触っている時間よりも

圧倒的に触っていない時間が多いことが分かると

フィジカルの重要さが理解できると思います。



これだけ様々な情報が溢れているので

少しでも懐疑的な意見を目にすると

行動に移せないこともあるかと思いますが


情報だけで満足するのか

実際にやってみるのか


我々は一緒に行動を起こしてくれた選手に

価値提供をしていくことに全力を注ぎます。



情報が選手達の成長の妨げにならないように

経験できる環境をデザインしていければと思います。


今日のMVPは、、、風佳&颯真!!👏✨


風佳:8

得意のU字タッチだけでなく

長い距離も速くなってきました。

風佳はどんなトレーニングでも頑張れる選手で

手を抜かずに取り組めています。

試合でもできることが多くなってきて

頼もしい存在になってきました。


颯真:7

誰よりも意欲的で

「上手くなりたい」という気持ちがトレーニングでも伝わってきます。

負けたらすごく悔しがるし

勝てば喜ぶし

勝負に拘るところもすごく良いと思います。

周りを見ることもできて

気が利いて優しい一面も持っているのが

颯真の魅力的なところですね。




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

תגובות


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page