top of page

攻撃に緩急をつける

川崎校(エッチェレンツァ)


今日のテーマは【攻撃に緩急をつける】でした。

どのタイミングでスピードアップするのか

攻撃に緩急をつけ方をトレーニングしました。


サッカーではオフェンス時にずっとエンジン全開では

相手ディフェンスを崩すことができません。


「守るぞ!!」となっている相手に対して

ゴールをこじ開けるのは簡単ではないからです。


こちらもずっとエンジン全開だと

オーバーヒートして動けなくなってしまいます。。。

攻撃は緩急が必要です☝️

時にはサボることも大事。

ゆっくりボールを後ろで回し

前に運んで、また下げて、、、



そんな一見「何してんだよ」という意味のボール回しが

試合ではとても大事なのです。


日本人は何事も一生懸命にという文化があるので

サボることが本当に下手だと思います。


この間、運良くPSGやブラジル代表の試合を生で観る機会がありました。

その殆どの時間で、ゆっくりボールを動かしていて

相手が寄せてきた一瞬でスイッチを入れてゴールを奪います。


サボっているように見えて

ずっと見られています。寄せたいけど寄せれない。


本当に実力のある選手(チーム)は駆け引きができる選手だと思います。

今日のトレーニングでは、相手が寄せてきたら

一気にスピードアップすることを目的にしました。

攻撃に緩急をつける感覚が伝わったかな?😁


今日のMVPは、、、舜!!👏✨

対人プレーの強さは圧倒的👀

精神的にも技術的にも本当に成長しました😄👍



ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランジションと球際

U12はトレーニングでした。 ラントレを50分した後 ゲーム中心の内容でしたが 「責任を持って自分のマークを外さない」をテーマに トランジションと球際の強度にフォーカスしました。 ラントレの後だったので かなり疲労感があって マークを徹底するのが難しかったですね。 「コーチ!マーク!!」 何度も諒祐のマークを外してしまい 選手達の容赦ない指摘が、、、(苦笑) 今日はラントレからトレーニングまで 諒

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page