top of page

打つのではなく決める


 

【menu】

❶3vs1(ダイレクト)→❷シュート練習①→❸シュート練習②→❹シュート練習③→❺ゲーム

 

【keyfactor】

・決定力

 

アカデミーでは初めてシュートに特化したトレーニングを行いました。


①相手のギャップで受けた場合のシュート(プルアウェイ)

②ドリブル突破からのシュート

③ペナルティー付近でターンからのシュート


今日は3つのシュチュエーションに分けてトレーニングを行いました。



それぞれ得意なシュチュエーションが異なる為

場面毎に決定力が変わりました。


その中でも拓奨と龍巳、綾太はどのシュチュエーションでもバランス良くゴールを取れていました。



【シュート打つ時のポイント】


①ゴールは見ずにボールだけを見てコースに蹴る

②角度がなければニアのハイ、角度があればファーのロー

③迷った時はコースは狙わずGKの顔面付近に強いシュートを打つ

④ボールを縦に3分割して、ボールの横腹を足の甲で叩く

⑤絶対に決めるという強い気持ちを持って打つ


現役の頃は上記の5つのことを意識して打っていました。

特に⑤はとても重要で、打つことではなく、決めることに拘って

トレーニングから1本1本をどれだけ本気で打てるかが

試合でゴールの決定率を上げます。


今日は選手達にゴールに対しての意識の部分を伝えました。

明日の試合では1点でも多く取れるように

アタッキングサードではどんどん仕掛けていきましょう!









ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランジションと球際

U12はトレーニングでした。 ラントレを50分した後 ゲーム中心の内容でしたが 「責任を持って自分のマークを外さない」をテーマに トランジションと球際の強度にフォーカスしました。 ラントレの後だったので かなり疲労感があって マークを徹底するのが難しかったですね。 「コーチ!マーク!!」 何度も諒祐のマークを外してしまい 選手達の容赦ない指摘が、、、(苦笑) 今日はラントレからトレーニングまで 諒

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page