top of page

意識と意図

基礎、ポゼッション、ファーストタッチをテーマにトレーニングしました。


試合の中で基礎の部分が良くなっていると感じることを多くなりました。

U9もU12も前回の試合では

止める技術だったり

パススピードの部分で成長を感じます。

トレーニングから意識を高く持って取り組めているので

試合でも発揮できているのだと思います。

今日は特に視野の確保やファーストタッチにフォーカスして

選手達に徹底的に意図を持ってプレーすることを伝えました。

止める技術、蹴る技術が上がったとしても

それが実戦で活かされなければ意味がありません。

状況変化に対応しながら

技術を発揮するには

意識と意図がキーになってくると思っています。


例えば、前回の試合では

生が得意の突破だけでなく

状況によってはタイミング良くパスを出せていました。


これまでの生にはなかったプレーで

普段から意識してやってきたことが

本人の中に擦り込まれていたのかもしれません。


トレーニングから意識して、意図を持ってプレーすること

すぐには試合で生かされることはないかもしれませんが

後々、必ず差がついてきます。


良いトレーニングを受けること

良いチームでプレーすることも大事ですが

最も選手を成長させるのは

主体性を持って取り組むことなので

何となく頑張るのではなく

意識と意図を持ち

イメージしながら取り組んでいきましょう!




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示

距離感と受け渡し

基礎と2vs2を行いました。 テーマは『距離感と受け渡し』です。 ディフェンス時にマークを受け渡すことにフォーカスしました。 距離感に関しては インターセプトを狙いつつも 相手に背後を取られない距離を意識するように伝えました。 相手に付けるようにはなってきていますが 同時に付き過ぎると背後も狙われやすくなるので その辺は相手の選手の特徴にも合わせて 適切な距離を設定する必要があります。 マークを受

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page