top of page

思い込みの影響

千葉印西校。


『パスの質』をテーマにトレーニングを行いました。


A地点からB地点まで

同じパスでもスピードが違えば到達時間が変わります。


当然速い方が相手に奪われにくいのですが

速いボールはコントロールが難しくなります。


「失敗しないように」というネガティブな意識があると

丁寧に蹴ってしまいがちです。


子供達は本来、素晴らしい創造性を持ち合わせていて

非常にポジティブな生き物です。


それが大人になるにつれて

信頼する親や先生、コーチから怒られたり

愛されていないと感じることで

段々と思考がネガティブになっていき

良いイメージが持てなくなります。


ブアメード実験を聞いたことがあるでしょうか?


1883年、オランダにおいてブアメードという国事犯を使って一つの実験が行なわれ

実験の内容は、「一人の人間からどれだけ血液をとったら人間は死ぬものか」というものでした。


実際には足にメスで痛みを与えただけで水滴の滴る音だけが響き

血液は流れなかったものの致死量の血液が無くなったことを告げるとブアメードは死亡しました。

 

ブアメードは血も水も体から抜かれておらず

死ぬわけがないのです。 

「思い込みにより死んだ」というわけです。

  

この実験により人は強い指示や思い込みだけで人体に影響が起こることが証明されたそうです。


何をお伝えしたいかと言うと

日常的にネガティブであったり

乱暴な言葉を使っているとしたらそれは危険で

良いイメージを持つことが大切です。


どこへ向かいたいのか?

どんなイメージを持つのか?

そこがより具体的になっていくことが行動を変えることへの近道です。


いつも子供と目標や夢の話をしてあげて

聞いてあげてください。

具体的にイメージさせてあげましょう。


「どこのチームでプレーする?」

「どんなプレーヤーになりたいの?」

「お金はどれくらい稼いでる?」

「家はどれくらい大きいの?」


いつだって肯定的で「絶対なれるよ」と背中を押してあげましょう。

否定的な言葉や態度は禁止です。


子供に何をしようかと考えるのではなく

子供に接する自分の態度を考えるところがスタート地点です。


子供達と一緒に僕達大人も一緒に変わっていきましょう!


今日のMVPは、、、海利!!👏✨

トラップとパスのスキルがかなり上がりました。

プレーの質は数ヶ月前と別人のようです。

継続が力になっています。

今後が楽しみな選手です👍






ペルージャジャパン

河井

閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

脳を錯覚させる

千葉印西校。 先週に引き続き シュートをテーマにトレーニングしました。 シュートは教えることが非常に難しい分野の1つで これだけやったらできるようになるという分量は存在しません。 感覚的な部分も多く できるまで(感覚を掴むまで)やり続ける そういった想い続けるという姿勢が大切になってきます。 シュートに限らずですが 技術の習得にはどれだけ熱量を持ってアプローチできるかがとても重要な要素となります。

4つのポイント

千葉印西校 フィジカル、FUNメニュー、シュート練習を行いまいました。 サッカーの試合で最も盛り上がるのは シュートが決まった瞬間です。 試合中にシュートシーンは何度も訪れるわけではない為 日々の練習からシュート精度を高めることが重要ですね。 シュートを決める為のポイント ①ボールを置く位置 すぐにシュートを打つことができる位置だと考えてください。 ワンステップかツーステップで すぐにシュートを打

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page