タイミングと視野


 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷動き出し→❸戦術(ゲーム)

 

【keyfactor】

・サイドの選手のビルドアップの仕方

 

フィジカルクラスでは、土曜日の試合に向けてポゼッションのトレーニングを行いました。

四角形の辺に立ち、中にボールを入れてつなぐ練習です。


このトレーニングでは

①中にボールを入れる時はダイレクト

②横パス5本以内に中にボールを入れるなど条件をつけて行いました。


①は中は相手が多くいるのでダイレクトの方がつながりやすいからです。

②はパスはずっと外で回していても、攻めの種類が減ってしまいます。


この時大事になってくるのは、中に入るタイミングとパスの出し手の視野です。

最後のゲームでは、中にパスを入れることを意識している選手が多くて良かったと思います。

これを忘れず、これからもトレーニングを頑張りましょう








ペルージャジャパン

上條コーチ

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

全学年トレーニングマッチを行いました。 まずU8に関してですが 担当コーチよりフィードバックがあり 集中力が足りない時間帯があったり 全力でプレーできたり 少しムラがある内容だったと聞きました。 最後は悠貴を中心にみんなが団結して 結果も内容も良かったようで 1つステップアップできたかと思います。 明日、選手達からも話を聞くのを楽しみにしています! 担当コーチは素晴らしいコーチで 信頼しているので

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon