できるだけ短く簡潔に面白く



【menu】

縄跳び→テクニカ→3vs1→4vs2→ゲーム

【キーファクター】

①視野の確保

②止めてから蹴るまでの動作の早さ



今日は普段アカデミーではやらないテクニカのトレーニングを少し行いました。

『自主練は何をやればいいの?』とよく聞かれるので

選手達に自分の時間を作ってやるべきトレーニングを伝えました。

1日数分でもいいのでやってくれる選手が出てきたら嬉しいです。



基礎練の止める蹴るやオーガナイズを覚えることに関しては

今日はしっかり理解していたし良くできていたと思います。

理解する力がついてきましたね!



少しコーチの話が長くなってしまったことが反省点。

もっと短く簡潔に伝えていけるようにまとめないといけませんね🙇‍♂️

ジュニア年代で選手が集中できなかったり

理解できない原因の殆どは教える側にあると思ってます。

伝えたいことや説明はできるだけ短くわかりやすく

それと面白く話せたら選手達は飽きません。

低学年と高学年の違いはここですね!



ポゼッションのトレーニングではあまりボールが上手く動かせませんでした。

動かせる時と動かせない時、技術的なことは抜きにして

その違いはオフの選手(ボールを持っていない選手)のサポーツの質が大きく関わってきます。

ボールが繋がる時は運動量が多くサポートがしっかりできています。




試合ではリスタートに課題が残りましたが

逆を言えば前からのプレスがしっかりとできています。

ディフェンス力は前より全体的についてきた印象です。


止める、蹴るといったサッカーの1番基本で1番難しい部分を

もっと意識を変えて大切に行っていきたいと思います。

本日も個人面談、トレーニングにお越し頂きましてありがとうございました!!









ペルージャジャパン

河井コーチ

44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon