TM(vs SHIRATORIDAI FC)



10月11日(日)はしらとり台FCとのトレーニングマッチが横浜バディスポーツ幼児園で行われました。


前日まで悪天候でトレーニングが3日連続オフになったので、コンディションが心配でしたがしっかりと動けていました。

チームとしてのルールも覚えていて、ボールの動かし方に意図が感じられる場面も何度かありました。




スタートしたばかりでチーム内でレベル差があり、今やるべきことの段階も違いますが、それぞれが今できるベストのプレーをしようと一生懸命プレーできていたと思います。




マサトは成長が感じられるプレーが多かったです。

特にボールを持った時のクイックネスであったり、前からしっかりと相手にプレッシャーをかけられていました。




ヒロマサはチーム中で最もシュートを打ちました。

バランスを考えたプレーもでき、ビルドアップもヒロマサがいると相手のプレスを回避して成功することが多かったです。

ただ、期待も込めて高い要求をすると決定力に課題が残りましたね。




色々と感じることはありましたが、今は試合をするという経験が大切だと思うので、対戦して下さった相手チームや施設の利用を許可してくれるバディ、快くいつもアカデミーに送り出してくれ応援してくれる保護者の皆様に感謝です。

ありがとうございました!





ペルージャジャパン

河井コーチ

121回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon