top of page

Preparazione



 

【menu】

❶w-up→❷パス&コントロール→❸4vs2→❹シュート練習→❺ゲーム

 

【keyfactor】

・オフで失った体力と感覚を戻す

 


今日は2つのテーマを持ってトレーニングを行いました。


①失った体力と感覚を戻す

②サッカーを楽しむ!


オフ明けの初めての昨日は

かなり疲労感が見られたので

少し体力が落ちているので、ボールを使いながらトレーニングに運動量を持たせ

楽しみながら体力と感覚を戻していくことを目的としました。



今はしんどいかもしれませんが、2週間もすれば戻ってくるので

Preparazione(プレパラッツィオーネ・身体を作る準備期間)も楽しんで取り組んでいきいましょう!



ペルージャでは、どのトレーニングにも明確な意図があります。

ただ何も考えずに一生懸命こなすのではなく

いつも「このトレーニングの意図は?」と考えて取り組み

わからなかった聞く癖をつけましょう。



その積み重ねが、同じトレーニングをやっていても大きな差となります。

できれば、お家でも「今日はどんなトレーニングをしたの?」と聞いてあげてください。

今日はどんなテーマで、自分のプレーはどうだったか、、、

言いたくなさそうだったら無理に話させなくていいし

話したそうだったら聞いてあげてください。



良いプレーができた時は沢山話すと思います。

それを話すことで、脳に良かったプレーが繰り返し思い出されます。

そうすることでまた同じ場面で良いプレーができるようになります。

逆にネガティブなことを言ってしまうと

子供にとって何1つ良いことはないので、できたことだけ拾って褒めてあげましょう。

言いたくなる気持ちは理解できますが、本人が1番良くわかっているので。



寒い中ご参加頂きありがとうございました!

明日もどうぞ宜しくお願い致します。










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page