top of page

w-upの役割



トレーニングマッチの日でした。

今日も試合への入り方が良くなかったので

開始3分は相手チームの流れにしてしまいました。

その後は終始こちらが支配することになりましたが

引き続き課題として残りました。


では、どのようにすればスタートで流れを掴めるのか?

1つは試合前のアップにあると思います。


アップは長い時間必要ありません。

通常20分(これでも他のチームと比べると短いですが)くらいですが

10分あれば良いと僕は考えています。


アップの時に確認することは主に3つ。

①身体を少し温める

②グラウンドコンディションの確認

③試合に向けてのイメージ

この3つがアップで重要です。


アップなので身体を温めることは当然ですが

それと同じくらい、ボールの転がり方、グラウンドの広さを把握すること

試合でどんなプレーをするのかイメージすること

この2つはとても大切です。


明日も試合があるので

今日出た課題を明日の試合ではクリアできるように

良い準備をしまししょう!







ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランジションと球際

U12はトレーニングでした。 ラントレを50分した後 ゲーム中心の内容でしたが 「責任を持って自分のマークを外さない」をテーマに トランジションと球際の強度にフォーカスしました。 ラントレの後だったので かなり疲労感があって マークを徹底するのが難しかったですね。 「コーチ!マーク!!」 何度も諒祐のマークを外してしまい 選手達の容赦ない指摘が、、、(苦笑) 今日はラントレからトレーニングまで 諒

ジレンマ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page