top of page

w-upの役割



トレーニングマッチの日でした。

今日も試合への入り方が良くなかったので

開始3分は相手チームの流れにしてしまいました。

その後は終始こちらが支配することになりましたが

引き続き課題として残りました。

では、どのようにすればスタートで流れを掴めるのか?

1つは試合前のアップにあると思います。

アップは長い時間必要ありません。

通常20分(これでも他のチームと比べると短いですが)くらいですが

10分あれば良いと僕は考えています。

アップの時に確認することは主に3つ。

①身体を少し温める

②グラウンドコンディションの確認

③試合に向けてのイメージ

この3つがアップで重要です。

アップなので身体を温めることは当然ですが

それと同じくらい、ボールの転がり方、グラウンドの広さを把握すること

試合でどんなプレーをするのかイメージすること

この2つはとても大切です。

明日も試合があるので

今日出た課題を明日の試合ではクリアできるように

良い準備をしまししょう!




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日産カップが終わり 個人レッスン、スクール、アカデミーと 選手達と会う機会がありましたが 誰もその話に触れようとしてこないし みんなどこか元気がないというか 自信を失ってしまっているように感じました。 最近は勝ち続けていただけに あれだけの実力差を見せつけられると 落ち込む気持ちは分かりますし 悔しくないと成長はないとも思います。 でも、落ち込んでいる時間はないですし 切り替えて次に向かって走り出

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page