TM(vs入二FC)



今日は入二FCとのトレーニングマッチを行いました。

試合の前に映像分析トレーニングを行い

それぞれのポジションの動きを確認しました。



①両サイドの選手は逆サイドの選手がバックパスのモーションに入ったら素早くワイドにポジションを取る。

②前回は横への動きはあったが、縦へのくさびが少なかったので、常に真ん中の選手を意識してボールを動かし、チャンスがあれば縦に入れる。

③アタッキングサードで数的同位、数的優位が作れた場合は積極的に前に攻撃を仕掛ける。


主に上記の3つのことを選手達に伝えました。



1本目の選手達はリズム良くボールを上下左右に動かすことができ

上手く駆け引きができて意図的なビルドアップができていました。

相手との距離感も常に把握できている選手が多かったです。

ユヅルは後方からのプレーに落ち着きがあり

相手がボールが触ることができない持ち方をするので

かなりビルドアップの時に効いていました。

ヒロマサはダイレクトとトラップ

前か後ろかの判断が素晴らしく

危険なエリアでは殆どボールロストがありませんでした。



2本目の選手達は技術的な面でまだミスが多く失点につながるシーンもありましたが

今はまだベースアップを図っている段階であって

組み立て時のエラーは問題ありません。

個々の部分でタツミやクリスティアーノは個性を発揮できる場面が随所で見られました。

アオイは前を相手のギャップに効果的に顔を出せていました。



終盤は前回同様かなり運動量と集中力が落ちました。

体力的な問題というより

スプリントの回数が極端に減っていると感じます。

持続系の体力はなくはないと思うのですが

心拍数が急激に上がった後の回復が少し遅いのかもしれません。


人数に対して若干本数が多いこともありますが

それを考慮しても少しトレーニングの内容を変える必要性を感じまし


今日も沢山の収穫と課題を見つけることができました。

明日もトレーニングマッチがあるので

今日はしっかりと休んで回復に努めるようにしてください。










ペルージャジャパン

河井コーチ

54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon