top of page

TAMAGAWA CUP U-11




U8はトレーニングマッチ

U11は大会に参加しました。


U8は帯同できなかったのですが

強い相手に対して厳しい内容だったようで

現時点での力の差を感じた選手も多かったかと思います。


ただ、この結果に対しては何も心配する必要はないし

今は土台を作っていっている段階で

ここ数週間はU8を見ることができる時間があり

実際に彼らの成長を感じています。

これから絶対に良くなっていくし

個人としても、チームとして

必ず良い方向へ向いていくので

選手達を温かく見守ってあげてください。


いつか足枷が外れる時がくるので

その時まで我慢して

継続することが大事です。


選手達は下を向いている時間はもったいないので

次に切り替えて前に進んでいきましょう。



U11は1度も負けることなく優勝できました。

ここ最近の大会では

内容は良くても

あと一歩優勝に届かなかったので

U11の大会で優勝することができ

選手達に自信になると思いますし

保護者の皆様にも喜んで頂けたら嬉しいです。


特に、5年生の瑛大と尚志は

いつも本当に良く頑張っている選手達で

彼らに優勝を経験させてあげられて嬉しく思ってます。

昨日のトレーニングマッチにおいて

結果も良い、内容も悪くなかったですが

アカデミーとして大事な部分である

ピッチ内外での人間性のところで

少し疑問を感じることがありました。

それは選手達に対して、自分自身に対して。


今日、キャプテンと話し合いをし

ピッチ内からの意見と

ピッチ外からの意見を

キャプテンと役割分担をし

できるだけピッチ内では選手達の考えを尊重し

自ら判断して解決していこうと話しました。

試合の中でよく声が出て

ゲームをオーガナイズできる場面もありました。

ピッチ内での良い影響は

ピッチ外でもリンクされていて

その逆もそうです。

今日はチームとして大きな変化があって

成長があった1日でした。



結果的に優勝することができ

選手達が喜ぶ顔が見れて

これから1つでも多く

良いサッカーをして

彼らの成功体験をサポートしていきたいと感じました。


今日もチームへのサポートありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。



ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:151回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page