3秒


【menu】

❶パス&コントロール→❷4vs4+ジョーカー→❸2vs2→❹6vs3→❺ゲーム

【キーファクター】

・キープする


数的同位の場面で不用意にパスせず

スキルを使ってボールをキープして

パスコースを自ら作ることをテーマにトレーニングしました。



数的優位な場面では常にパスコースがあり

誰がフリー探すことがポイントですが

数的同位の場面ではパスコースがない場合が多いので

キープして時間を作って味方がマークを外すことがポイントになってきます。



ヒロマサやシンタは技術を使って3.4秒キープすることができていました。

3秒あれば味方がフリーになる時間には充分です。



だいたいの選手が2秒もたないので

もっと足元の技術をつける必要性を感じます。

足元の技術はプレーに余裕を生むので

extraのトレーニングでつけていきたいと思います。



少しトレーニングでは難しい内容で

FUNの要素が薄かったので

ゲームはリラックスした雰囲気でプレーさせました。

トレーニングの後に『今日も楽しかった!』と思って帰ってもらうことは

選手達のモチベーションを継続する為に大切にしています。














ペルージャジャパン

河井コーチ

40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon