top of page

対話

U9はトレーニングでした。


最近はアカデミー以外のチームやスクール生も見る機会が増えましたが

その中で気がつくのは

精神的にも、技術的にもアカデミーの選手達はすごく成長しているということ。

少し前とは比較にならない程

U9の選手達も人間性が良くなっていて

それに比例して技術的にもできることが多くなってきました。

ふざけたり、文句を言ったり、後ろ向きな姿勢、自信がない

そんなことは殆どなくなりました。

みんな自分に自信を持っているし

トレーニング中に手を抜いている選手もいません。

今日、彼らに話したのは

「どんな時も一生懸命に取り組めるようになったから、意識してプレーしよう」

ということ。

1つひとつの動き、プレーに意図を持つよう伝えました。

「どのタイミングで動く?」

「視野を確保する意味は?」

「受ける時の身体の向きは?」

常に選手達と『対話』しなが進めていきます。


今日も内容の濃いトレーニングができました。

明日は合同トレーニングです。

トップ選手は周りすら変えられてしまえる選手。

1人でも多くの選手の意識を変えられるように

自分達の意識レベルまで引き上げていきましょう!

U12はリーグ戦が行われました。


前半の早い時間帯で得点できたのは

チームとしてのプラン通りでしたが

数分後に追いつかれてしまいました。

今まではここで崩れてしまいがちでしたが

前回もそうであったように

選手達は非常に落ち着いていて

自信を持ってプレーしてくれていました。

前半のうちに勝ち越せたのは素晴らしかったです。


後半は危なげなく

攻守においてゲームをコントロールできていました。

今回の試合は選手達の良さが出た試合でしたが

何か1つあげるなら

チーム全体のレベルが上がっていると感じます。


新しく入った選手だけでなく

使いたい選手が沢山いて

誰が出ても成長が感じられます。


数ヶ月前は、選択肢に限りがありましたが

今はいくつかのオプションが持てるようになりました。

今日、デビュー戦だった優成は

周りとの連携にも問題なくフィットして

献身的でオフェンス面ではアイディアを見せてくれました。

風佳は先週と今週、トレーニングでとても良いプレーができていて

頑張っている選手が試合で活躍できたことは個人的にすごく嬉しかったです。

左右のウィングは相手を混乱させれていました。

蒼は何度も突破に成功しました。

生は力強いプレーでチームに勇気を持たせてくれました。

諒祐と拓奨はこのチームの父と母のようで

みんなを落ち着かせてくれる抜群の安定感がありました。

2人は苦しい時期に、チームを支えてくれました。

この経験は彼らに必要だったと今は思えるし

この先に苦しいことがあっても2人は乗り切れると思います。


遥樹は今自分ができることのフォーカスして

チームの為に献身的にプレーしてくれていました。

遥樹の頑張りはチームを盛り上げてくれます。

みんなが応援したくなる選手になりました。

明日は首位のチームとトレーニングマッチです。

今はみんな自信に満ち溢れています。

それは保護者の皆様が子供達をいつも温かく応援してくれているおかげです。

成長したチーム力が見せられるように

全員で一丸となって戦いましょう!




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:110回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page