top of page

俺が

U9,U12はトレーニングでした。


U9の選手達はコーチが何も言わなくても

空き時間にリフティングするようになりました。

凉丞が、大峨が、生が、、、

どんどん記録を更新しています。


特に何か教えたわけでなく

ただ各々が量を確保しただけ。


リフティングは100人いたら

できるようになるのは1人くらい。

できるの基準は1000回くらいとします。


誰でもできるスキルですが

殆どの選手は諦めてしまいます。

勿体無いですね。

ここにいる選手達は何人がクリアするか。

様子を見てみましょう。


U12はお休みが多かったので

メニューを少し変更しました。


「俺がいるチームが勝つ」

「俺は絶対に負けない」

「俺が決める」

「俺が…」

「俺が…」


最近、瑛大がストライカーらしくなってきて

本当に頼もしくなってきました。


初めて会ったときは

とても好青年で角のない素直で可愛い子でしたが

今ではトゲトゲで周りをどんどんブッ刺していきます(笑)

アスリートっぽくなってきましたね。

でももちろん、ピッチ内での話。

ピッチを離れるといつもの心優しい瑛大です😄


正直、瑛大が前でこれほどプレーできるとは想像していませんでした。

子供の可能性は無限だし

あらためて広い心で選手達を見ないといけないと再認識しました。


明日はU9はトレーニングマッチ。

僕はリーグ戦がある為

11時過ぎまで観て会場を離れますが

今日の彼らなら選手達だけでも

きっと良い試合ができるはずです。


U12はリーグ戦の最終節。

メンバーを大幅に変えて挑むので

どれだけできるか見てみましょう。

誰が出てもみんなの心を動かせる試合にできるように

全選手しっかり準備してください。





ペルージャジャパン

河井

閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page