top of page

仲間


 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷6vs3→❸1vs1→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・真ん中への意識

 

ポゼッションで真ん中への意識を持ってプレーすることを伝えました。

意図的に崩すプレーが増えてきましたね。




1対1ではユヅルが間合いが良く

ドリブルからシュートまでいけるシーンが多くありました。



負けているチームにイライラして

本来のプレーができていない選手もいました。

チームが苦しい時

自分のプレーが上手くいかない時

そんな時に力を発揮できる強さを持ちましょう。



ゲームではみんなが最後まで諦めることなく

インテンシティーの高いプレーができましたね。

お互い高め合える集団でいましょう!




試合ではリョウスケがどんな状況になってもチームを盛り上げて

プレーでも引っ張っていました。

リョウスケの常に前向きな姿勢は

チームにとってすごく良い影響を与えてくれています。

チームが勝てば1番嬉しそうだし

負ければ1番悔しそうで

それでいて周りに気を使えて前へ進もうとします。

このアカデミーの選手達は良きライバルでもあり

最高の仲間だと気づかせてくれますね!










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピッチ上でアドリブを

トレーニングマッチを行いました。 1本目は強度もトランジションも不十分で U10もU12も課題の多い試合となりました。 2本目以降は強度の部分で修正でき 試合ができる状態になったと言えます。 オフェンスの部分では SBが前を向くことができるようになり 1枚剥がした状態から攻撃をスタートすることを伝えました。 健登、怜吾、風佳、時臣がしっかりと前を向けたので 1つビルドアップが良くなりました。 海凪

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page