top of page

対応力



 

【menu】

❶アジリティー→❷基礎トレーニング→❸ポゼッション→

 

【keyfactor】

・基準を高く持つ

・反対側のチェック

 

動きのある中でのパス&コントロールを徹底して行いました。


芝生のグラウンドにおいては

だいぶコントロールが良くなってきました。

試合ではクレーのこともあれば

天然芝や、雑草みたいな芝のこともあります。


人工芝でも、CBCとフットサルクラブ横浜では質が変わり

どんなグラウンドでも基準が下げないことが大事で

また、そのグラウンドに合わせたプレーも学ばなければいけません。

ボールが収まらないピッチコンディションで

ショートパスを繋ぐ必要はないし

相手のFWのプレスのかけ方によっても対応が違います。


今、U11の選手達には試合の中で臨機応変に対応できる力が必要です。

AがダメならB、BがダメならC、というような

3つ以上の引き出しと

どれを選択するのかの判断力。

10月末から11月にかけて沢山試合を組みました。

ここからは場数を踏んで

どんなシュチュエーションであっても対応できる力を

チームとして身に付けていきましょう。




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page