top of page

主人公

トレーニングマッチを行いました。

U12もU9も

試合の中で選手達にたえず声をかけながら

ポジショニングをコントロールし

気持ちが切れないように鼓舞し続けました。

チームの課題として強度を上げるということがあって

自分の役割の1つに

指示を出すというものがあります。


大声で選手達に指示を出しながら

「1番なりたくなかった自分になってしまっている」

と思うことがあります。


あたかも主人公になったかのように振る舞って

勝っても負けても疑問が残り

気持ちは晴れない。

僕が大事にしてきたことは

愛情深くいることで

痴がましさではない。


選手達が主人公の世界を支えるはずだったのに

自分の正しさを疑わずに振る舞ってしまい

未熟さに気がつかされる。

もっと伸び伸びやらしてあげればいいと思う。

ベンチに座ってじっと試合を観ているのも愛かもしれない。



ペルージャジャパン

河井

閲覧数:112回0件のコメント

最新記事

すべて表示

戦術的駆け引き

U10は午前はキッズリーグ 午後はリバプールとのトレーニングマッチでした。 新年度になってから初めての試合で 新しく入った選手達の特徴を知ることがテーマでした。 トレーニングでは何度か見ましたが 試合の中で新しい課題も沢山見つかり 今後に向けて何に取り組んでいかないといけないか 今日の試合で明確になりました。 これまでは選手間の競争がありませんでしたが 人数が増えたことで お互いを高め合う環境を作

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page