top of page

クロス



 

【menu】

❶w-up→❷基礎トレーニング→❸クロス→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・パススピード

・クロス

 

クロスボールのトレーニングを行いました。

これまでクロスという概念が選手達にはなかったのですが

キックが蹴れる選手や

ドリブル突破ができる選手が多くなってきたので

「その先」のトレーニングを少しやりました。

クロスチームと、シュートチームに分け

クロスチームはシュートチームに向けて思いっきり速いクロスボールを蹴り

シュートチームはそれをダイレクトで決めます。

クロスを上げる選手と

シュートを打つ選手は本来なら同じチームの味方で

お互いにプレーを合わせるのでは?

そう思いますよね。

このトレーニングの意図は

クロスを上げる選手は相手が反応できない(触れない)速さのボール蹴る意識を持つこと。

シュートを打つ選手は

その速いボールに反応しダイレクトで打つ技術をつけること。


敵同士ですが、競わせることでハイレベルでプレーが合ってくるようになります。


初めてのクロストレーニングとあって

みんなすごく楽しそうにプレーしていました。

試合でもクロスからのゴールのパターンも持てるように

引き続きトレーニングしていきましょう。

ユニホームキットがイタリアから届きました。

長らくお待たせしまして申し訳ございません。

スポンサーロゴの貼り付けを来週中に行い

順次お渡しさせて頂きます。

トップチームと同様の仕様とあって

すごく上質でデザイン性のあるユニホームです。

楽しみにしていてください。

ユニホームキットの販売も受付中です。

在庫がなくなり次第終了となりますのでご了承願いますます。


ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page