top of page

説明不要



12月末の試合を最後に

1ヶ月以上試合をしてなかったアカデミーの選手達。

久しぶりの試合が大会ということもあって

初めの2試合は少し緊張気味でしたね。


それでも徐々に楽しむことができて

「もっと試合したい!!」

と、最後は目をキラキラさせていました。


結果は3位で今日の相手のレベルだと妥当かと思います。

ポジティブな内容が多かったですが

やはり勝たせてあげたいのが本音で悔しさはあります。


でもこれまで活躍できなかった選手達が

試合の中で存在感を発揮できるようになってきていること

それは1番の収穫でした。

前の大会では何もできなかった選手が

今日の大会ではしっかりとチームの戦力になって

それに本人も楽しめている。

1つ段階が上がったように感じました。


そしてヒロマサが調子を戻してきたことも

このチームにとってはプラスの要素でした。

精神的にも肉体的にも

コップから水がこぼれ落ちているような状態でしたが

2人で話し合ってトレーニングを工夫した結果

パフォーマンスが戻ってきました。

真面目で責任感が強いヒロマサには

あえて子供らしさを引き出してあげることで

変に責任感を感じることがなくなり

サッカーを楽しめるようになりました。

たまにイジりすぎて怒られますが...(笑)


準決勝で戦った相手は1人ひとりのレベルが高く

現段階では比較対象にならない相手でしたが

それも現段階での話で

これからアカデミーの選手達は必ず差を埋めていけると確信があります。

それを選手達もわかっているので

前のように説明しなくても大丈夫です。


思ったよりみんな元気で

18時30分からのアカデミーのトレーニングをやりたそうでしたが

せっかくの祝日。

家族のみんなで過ごす時間の方がずっと大事なので

今日はご家族で美味しい夕食を一緒に食べて過ごしてください。


遠くまで応援に来てくださった保護者の皆様

大会にお誘い頂きましたSSC業平の皆様

対戦してくださったチーム関係者の皆様

そして、選手達のサポートも含め審判してくれた中村コーチ(小声で)

ありがとうございました!








ペルージャジャパン

河井

コーチ

閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page