top of page

岡本太郎


 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷3vs1→❸5vs3+5vs3→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・基礎のベースアップ

・中へのパスを意識する

 

基礎トレーニングでは色んな角度に重心をずらして

パス&コントロールを行いました。

前重心、後ろ重心、左右の重心、、、

様々な場面を想定してパスを受けて返すトレーニングでした。



あまりFUNの要素がないので

集中力が保つか心配でしたが

全員が全力で取り組むことができました。



アオイはドリブルの時のボールタッチが上手くなってきました。

アイは集中できる時間が長くなってきましたね。

フウカはパス&コントロールに成長が感じられます。



シンタはドリブル一本槍だったのが

幼稚園生にしてポゼッションを理解してきました。

駆け引きを覚えてきて

サッカーの本質を楽しめています。



トレーニングの中で相手を思いやる気持ちだったり

味方に対してのサポートの仕方だったり

それが無意識に自然と出るようになる選手もいて

サッカーを通して人間的な成長も見られます。



リョウタが考えた『サッカーランド』の地図をみんなに書いてもらいました。

想像以上にどれも素晴らしくて

選ぶのが本当に難しくて

結局1人に絞れなかったので今回はフウカとアオイの2名に決めました。

フウカは紙を貼り合わせたり色使いが綺麗で

1人だけ他とは全く異なる感じの地図でした。


アオイはペンや鉛筆ではなく筆で描かれていて

しかも紙のサイズがみんなの4倍くらいの特大サイズ👀💦

随所にアオイの個性が爆発していました😂


みんな素敵な地図を描いてくれてありがとう!!










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:96回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page