top of page

取扱注意

ラ・テクニカ(横浜)



今日のテーマは【ビハインド+プルプッシュ】でした。

久しぶりに足技にフォーカスしたトレーニングです。


ラ・テクニカのトレーニングを考える時

『実戦的か』というのと

『選手達が楽しいか』という

相反しやすい2つのテーマがあります。



個人的には実践的でないテクニックに意味を見いだせないという考えですが

YouTubeやTikTok、Instagram等で良く見る

それどの局面で使うの?という『足技』も否定的ではありません。


それで子供達がサッカーに興味を持ったり

自分に自信がつくならどんどんやるべきです。


ただ、気をつけないといけないのは

それとサッカーは別物という前提でやること。

それが伝えられないコーチは危険だと思います。


『上手い選手』というと

日本では足元のテクニックのある選手を指し

海外では止める蹴るの基礎レベルが高い選手を指します。

日本のトップレベルの子供が海外でプレーしたとして

足元の技術は多くの選手がチームで1番になると思います。

小学生で日本人のように器用にボールを扱える選手は

海外では殆ど見ることはありません。


しかし、、、

サッカーは止める蹴る判断が連続する展開の早いスポーツです。

日本の場合、サッカースクール、サッカーチームがビジネス化しているので

より派手で、見た感じわかりやすく、変化がはっきりと出る

そんなトレーニングが主流になってしまっています。


一方で、海外のコーチは『次に繋げる』という意識が高いので

ジュニア年代で大人と同じようなサッカーを教え込みます。

技術のない子供には難しいのですが

それをジュニア年代でやっておくことで

正しい価値観を持ってサッカーがプレーできます。

これは非常に重要です。



今日やったトレーニングは

足元の技術に特化したものですが

実戦でどのように使うのかまで

選手達が想像することができれば

良いトレーニングになったかと思います。


ラ・テクニカのトレーニング取扱注意です☝️


今日のMVPは、、、陸!!👏✨

実戦で使えるレベルまでテクニックがついています👀

ビハインドプルプッシュもかなり精度が高くできていました😄👍

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page