top of page

パターン



 

【menu】

❶3vs1→❷パターントレーニング→❸ゲーム

 

【keyfactor】

・連動して動く

 


始めてパターントレーニングを行いました。

全員がイメージを共有して

素早く攻撃するには、いくつかのパターンを持っていることが大切です。



これまでは状況判断できるようにしたかったので

パターンはやってきませんでしたが

昨日のトレーニングマッチの中で

ある程度判断も良くなってきていると感じたので

今後パターンも入れていきたいと思います。



今日は1パターンしかやりませんでしたが

規則的なボールと人の動きを覚えるのは簡単ではありません。

いくつかのパターンを覚えて試合で出せるようにしていきましょう。



試合でもトレーニングでも選手達の成長が形となって見れるようになってきました。

アカデミーに専念して頂いている選手も多いので

それも伸び率高さに繋がっているかと思います。

更に精神的にも常にポジティブな状態です。

これはとても大事なことですね。



また近々個人面談を行いたいと思います。

日程が決まりましたらご連絡致します。





ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page