top of page

100の何となくより、10本の本気



U11は昨日の遠征の疲れが残っており

U8もオフ明けだったので

フィジカルトレーニングを行わずに

ボールを使ったメニューを中心にトレーニングを行いました。



パス&コントロールのトレーニングでは

受ける時に、相手にインターセプトされない位置まで

角度をつけることにフォーカスしました。



シンプルなことですが

実戦の中で当たり前に角度をつけるには

繰り返し反復して意識付けしていくことが必要です。


受け方が良くなると

ボールを持った時に相手との距離が作れるので

プレッシャーを受けずにプレーすることができます。


U11の選手達はトレーニングではミスなくできています。

ただ、実戦だとまだ完全に角度を作れていないので

引き続き意識を高く持って続けていきましょう。

U8の選手達は日に日に良くなっています。

常に集中力を保って

頭を使いながらトレーニングすることを意識しましょう!



シュート練習ではトラップの精度に拘って行いました。

スペースがない局面を仮定して

トラップからシュートまでをコンパクトに早く行うことがテーマでした。


シュート練習は「ゴールを決める」ことを強く拘って行うことが大事です。

なんとなくの100本より、集中した10本の方が意味があります。

それは全てのトレーニングで言えることですが

特にシュートに関してはより強く意識するようにしてください。



明日はU11、U8とも同じ会場で試合です。

良い内容の試合ができるように頑張りましょう!





ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランジションと球際

U12はトレーニングでした。 ラントレを50分した後 ゲーム中心の内容でしたが 「責任を持って自分のマークを外さない」をテーマに トランジションと球際の強度にフォーカスしました。 ラントレの後だったので かなり疲労感があって マークを徹底するのが難しかったですね。 「コーチ!マーク!!」 何度も諒祐のマークを外してしまい 選手達の容赦ない指摘が、、、(苦笑) 今日はラントレからトレーニングまで 諒

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page