top of page

0→100の加速は膝を曲げない

更新日:2022年6月8日

フィジカルクラス(川崎)



今日のテーマは【反発ステップ】でした。

片方の軸足に体重をかけ、反対の足の方向にステップを踏んで

逆方向へ一気にスピードアップする動きにフォーカスしました。

パラグアイ戦で三苫選手がペナ付近で見せたフェイントなのですが

簡単なので、この動きはみんなの選択肢に入れてほしいと思い

今回フィジカルクラスで取り上げることにしました。



この動きはこの動きは0→100の加速力がポイントです。

まずはボールをつけずに

0→100の動きを繰り返し行いました。


片方の足(抜け出す方向の足)に体重を乗せ

もう一方の足(フェイクの方向の足)でステップを踏み

一気に逆方向に加速していきます。



ステップを踏んでからの動きが遅いので

相手についてこられてしまいます。

初速を上げるには、膝を曲げずに立って

その反動を使って走り出すことで、よりパワーが伝わります。



日本では膝を曲げて腰を落としてディフェンスする

というような指導を受けることが多かったと思うのですが

海外では逆で、棒立ちのような感じで立つことで

地面からの反動を瞬時に伝えられるという考え方です。

膝を曲げると(その曲がった分を真っ直ぐにする)→(地面を蹴る)とい余分な時間がかかります。



その後、ボールを使って行いましたが

流石、今旬な選手の得意技だけあって

観たことある選手が多く

すぐにプレーのイメージが伝わってトレーニングしやすかったです。


今日のMVPは、、、詠心!!👏✨

地面の反発を上手く使ってダッシュできていました👀

クロスフィットでも良いタイムが出せていましたね😄👍



ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

コメント


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page