top of page

20代のメッシと30代のメッシ

ラ・テクニカ(川崎)


今日のテーマは【緩急】でした。

緩急をつけたドリブルのトレーニングです。

ドリブルはスピードも大事ですが

それ以上に緩急のつけ方で勝負が決まります。


ヨーイドンで走って1秒も2秒も差をつけるのは難しいです。

最も相手を抜き去る(剥がす)のは

相手のタイミングや重心をズラすことが大事です。


例えば世界最強のドリブラーメッシ。

数年前までは、圧倒的なスピードとステップワークで

相手を追随を許さないドリブルが武器でした。

でも、今回のワールドカップ でのメッシは少し違いましたね。

メッシも30代後半に差し掛かり

スピードは速く見えますが

実際にはスピードでは殆ど勝つことができなくなっています。



では、なぜあれだけドリブルで相手を揺さぶることができるのか

緩急のつけ方抜群なのと

天才的な感覚で相手の重心をズラせているからだと思います。


緩急のつけ方を覚えれば

自分より早い相手でも抜き去るドリブルができます


今日のトレーニングでは緩急にフォーカスしました。

だいぶ感覚は良くなってきたと思います。

止まった後に再び動き出すスピードがもっと上げていきましょう!


今日のMVPは、、、蒼!!👏✨

緩急のつけ方が上手かったです👀

バランスも少し良くなってきましたね😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

チャレンジとサポート

『駆け引き』をテーマにトレーニングを行いました。 数的優位のポゼッションで 相手の状況に合わせて サポートするのか それともチャレンジするのか 状況判断しながらボールを動かすトレーニングです。 数で勝っている状況なので 駆け引きで負けなければロストはないし 相手にダメージを与える脱出の仕方も作れます。 技術的な改善点はまだまだありますが 「サッカーを知る」と言う意味で 何が良いプレーで 何が良くな

Commentaires


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page