top of page

間合いを作る

川崎校(エッチェレンッツァ)


今日のテーマは【間合いを作る】でした。

突破もパスもできない状況で

相手との間合いを作る(時間を作る)テクニックにフォーカスしました


相手選手が良いポジションを取って

パス、ドリブル、両方が難しい局面で

慌ててどちらかを選択してロストする場面を良く見ます。


こういった場合は、いずれかを選択するフェイントをして

キャンセルする事で50cm、上手くいけば1mくらい間合いを作ることができます。

できるだけこの状況にならないのが1番ですが

サッカーでは良く起こることですね!


間合いを作るには、フェイントのリアリティーと

下半身のクイックネスがポイントで

フェイントを入れてから素早く気持ち半歩くらい下がります。


そこで相手が食いついてきたらかわす

食いついてこなければ間合いができるのでパスができます。


このクラスは技術がある選手が多いので

イメージが伝わったと思います。


Tre②の3vs2では、パス、ドリブルの両方が切られるシュチュエーションが起きやすい中

上手く間合いを作れていましたね。



今日のMVPは、、、綾太!!👏✨

技術を使って間合いを作るのが上手かったですね😄👍

すごくクレバーになってきました!



ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Commentaires


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page