top of page

開き直りや傲慢さは必要な要素

川崎校(エッチェレンツァ)


本日のテーマは【決定力】でした。

シュートスキルを上げる為のトレーニングです。

試合の中で、シュートに行くまでのプロセスは完璧だけど

最後のシュートの精度が悪く、ゴールを奪えないシーンは良くあります。



決定力にはスキル、体力、そしてメンタルの3つの要素からはかれます。

まずは狙ったところに打てるシュートスキルがないとゴールは決められません。



そして、シュートを打つまでには前線までフリーランニング(もしくはドリブル)します。

いくらシュートスキルがあったとしても

シュートを打つ時に体力が残っていなければ

本来の精度を発揮することができません。


最後に、メンタルです。

シュートはメンタルに左右されやすい分野だと思います。

特に1本決定期を逃すと、「また失敗するんじゃないか」と消極的になり

コースが甘くなったり、パスを選択してしまうこともあります。

3本外しても堂々と4本目を蹴れる図太さが必要です。

ある種の開き直りやエゴイストな要素はFWには必要ですね。



本日はスキルに特化したシュート練習と

体力にに特化したシュート練習の2種類を行いました。

ただ打つのではなく

シュート練習は、「なぜ上手くいったか」「なぜ入らなかったのか」など

1本1本自分で分析することが大事です。


上手くいかない時は思い切って蹴り方を変えてみたり

大胆な発想もシュートにはとても大切です。

今日のMVPは、、、拓奨!!👏✨

トレーニングの中で最もゴールを取ることができていました👀

フィジカルクラスで高い強度でトレーニングすることによって

シュート時に余力があり

シュート精度は飛躍的に良くなりましたね😄👍




ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comentários


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page