top of page

運動神経の正体

フィジカルクラス(川崎)


今日のテーマは【反応とステップワーク】でした。

頭と身体を繋げる反応のトレーニングと

素早くリズミカルに足を動かすステップワークを行いました。


体がスムーズに動くのは

脳と神経が連係しているからです。

脳は目や耳から入った情報を素早く処理して

全身に張り巡らされた神経系に電気信号を送ります。

つまり、脳は「どう動くのか」を筋肉に伝えているのです。


脳と身体、体の部位と部位の「神経回路」がしっかり連係しているほど

電気信号は速く、正しく伝わります。

これによって体がスムーズに

そして自分の思い通りに動かせるようになります。


「運動神経がいい」なんて言う言葉がありますよね?

自分の身体を自由自在に動かせる「運動センス」の正体の1つ反応やステップワークなど

コーディネーション能力によるものです。



トレーニングでは、反応(脳から身体への伝達スピード)を上げる為

指示された色に反応して決まった形に身体を動かしました。

反応が遅くなってしまったり

間違った動きをしたり

初めはみんな難しそうでしたが

少しずつ慣れてきて自由に身体を動かせるようになってきました。



ステップワークのトレーニングでは

アジリティーやフィジカル的な要素も組み込んで行いました。

ステップワークはリズム感が非常に大事で

これはトレーニングで簡単に上げることのできる分野なので

ここで完結することなく

お家でもしっかりとトレーニングして

数をこなして身体にすり込んでいきましょう!


今日のMVPは、、、拓奨!!👏✨

クイックネス、体力、フィジカル的にすごく向上しました👀

今日も100%出し切れていましたね😄👍



ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page