top of page

運ぶ技術は最も簡単

基礎と対人をメインにトレーニングを行いました。

今回のキャンプでの課題で

エリア付近での弱さが目立ちました。

シュートまでは形になるシーンが多くありましたが

フィニッシュの弱さ、仕掛けの物足りなさを感じます。


今日はそれを改善すべく

1対1の対人プレーを行いました。

ドリブルはその選手の個性にもよりますが

足元のテクニックより

身体の使い方がポイントです。


いくら足技があっても

身体をうまく使えていないと

簡単にボールを失ったり

バランスを崩して次に繋げることができないプレーになります。

派手な技は必要ないので

緩急と間合い、相手の重心をズラすことを考えるようにしましょう。


でも、最低限のテクニックは必要です。

殆どの選手は技術不足により

身体の使い方の段階までいっていない印象です。


もっとボールとの親和性を高めて

自在に動かせるようにしていくことが必要ですね。

運ぶ技術は、技術の中で最も簡単なので

時間はかかりますが、必ず習得できます。

失敗しても諦めずに繰り返しやることが大事です。




ペルージャジャパン

河井

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page