top of page

起き上がる能力

フィジカルクラス(横浜)



本日のテーマは【起き上がりの早さ】でした。

座ったり、寝転んだりした状態から起き上がるトレーニングです。


昔、長友選手がインテルでプレーしているとき

仲の良い現地の通信員から、「長友選手はゴム毬のようだ」という話を聞いたことがあります。



どうゆうことかと言うと

180、190㎝ある強靭なフィジカルを持つ外国人選手の中で

長友選手は170㎝程しかないので、当然吹き飛ばされるのですが

長友選手の凄いところは、その後の起き上がりの早さだと言います。



クルッと回転して起き上がったり

バネを活かして、あたかもそれが想定内のように何事もなく起き上がるそうです。


怪我も少ない選手だし

今では当たり前に体幹トレーニングが行われていますが

日本人のサッカー選手が『体幹』という言葉を使い出したのも

長友選手が走りではないでしょうか。



当たられてバランスを崩さないのが1番良いですが

バランスを崩した後のリカバリーも大事です。

どれだけ早く体勢を立て直して再びプレーに戻れるか

今日は『起き上がり』にフォーカスしてトレーニングしました。



最近、フィジカルクラスでのトレーニング効果が如実に現れてきています。

選手達も感じていると思います。

毎回、FUNの要素が少ない厳しいトレーニングが多いですが

本当に良く頑張っていますね!

今日も素晴らしい充実した内容でした👍

来週は今季最後のトレーニングなので

全員が参加できることを願ってます😁


今日のMVPは、、、陸!!👏✨

最初から最後まで全力で取り組めていました👀

みんなの見本となる選手に成長しましたね😄👍

ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

U8は昨日の試合で課題だった ディフェンス面に取り組みました。 どこでボールを奪うのか 狙いを持って意図的に奪うことをテーマにしました。 チャレンジとカバーをはっきりさせ コースを限定して相手の出しどころをなくす。 とても手応えがあって 1時間があっという間に過ぎました💦 最後の方は良い形で奪うことができて ポジショニングも少し良くなりましたね! 伝えたいことが多くて 時間が足りていませんが 限

ステップワークと基礎トレーニングをメインに行いました。 『スピード感を持ってプレーする』 日産カップで掴んだ今後の成長へのヒントを意識して 基準と強度を上げながらトレーニングしました。 選手達も少し元気を取り戻しつつあるし 次の試合に向けて良い準備ができそうです。 低学年の選手達は とても成長が早くて驚かされます。 良い見本が目の前にいることは 彼らのメンタル面やプレー面の成長に 良い影響を与えて

ラ・テクニカ(川崎) 今日のテーマは【マークを外す】でした。 相手のマークを外してボールを受けるトレーニグです。 サッカーはチームスポーツであって チームとしてどう戦うかが重要なスポーツです。 ただ、ゴールを生み出すのは レベルが高くなればなる程 最終的には個の力に頼ることが多くなります。 良いディフェンスのチームを崩すには 1人のアイディアとそれを実行できるスキルが必要です。 ラ・テクニカでは1

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page