top of page

質の高さと熱さ



 

【menu】

❶基礎トレーニング→❷3vs2→❸シュート練習→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・イメージを持つ

 


明後日は大会に向けて

対人の強化とシュート精度の向上を目的としたトレーニングを行いました。



ディエルの部分は何も言わなくても

みんながだいぶ意識して戦えるようになってきました。

「1対1で負けない」

大会の相手はドリブルがうまいチームなので

これが大前提としてなければ単調な内容になってしまいます。



自然とコーチングの声が聞かれるようになってきていますし

その内容は3年生とは思えない程の質の高さと熱を感じます。



心がここまで良く成長できたと感じる一方で

まだ技術的な未熟さもあるので

しっかりとした技術がついた時に

どれだけのサッカーができるのか

伸び代があって楽しみで仕方ありません。



シュートは課題の1つですが

最近はシュートに割く時間を長くしているので

徐々にではありますが、良くはなっています。

この年代のシュートは、パワーがない選手は

いくら良いシュートを打ってもゴールしにくいのですが

パワーは必ずつくので、それで「自分はシュートが下手なんだ」と思わないようにケアが必要です。

パワーがある選手は上手くなくてもゴールすることができますが

それに頼っていては先がないので、しっかりと精度を上げるように伝えます。



今日も良いトレーニングができました。

体調を崩さない、怪我をしないように

日曜日は全員で参加して、みんなで良い内容で終えれるようにしましょう!










ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2センターになっていた理由

トレーニングマッチを行いました。 U10は初めて8人制を経験する選手も多く 3年生が中心のチームで相手は4年生だったので 攻め込まれる時間が長くなりましたが 最後の試合では少し慣れてきて 智晴から大峨に良いパスが入るようになり 悠臣が前を向いてプレーすることができました。 生、光、悠貴(廣田)は学年差があって 難しいところもありましたが 試合に空気感を経験することも今は大切なので ボールに触れる機

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page