top of page

試合との共通点の提示


 

【menu】

❶3vs1(15mダッシュあり)→❷6vs3→❸5vs3→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・コーチング

・状況判断

 

3vs1では常に心拍数の上がった状態を保つ為

15mダッシュを繰り返しながら行いました。



息の切れた状態でスキルを発揮するのは難しく

頭も回らなくなるので状況判断のミスも出てきます。



サッカーは常に心拍数の上がった状態でプレーするスポーツなので

できるだけ試合に近い状況を作ることが大切です。

どれだけ試合をイメージさせれるか

トレーニングにリアリティを持たせられるかがポイントです。



ゲームでも自然と組み立ててプレーするようになってきました。

自分達でどうしたら崩せるか判断できていました。

コミュニケーションも取ってプレーを合わせようとしているのも伝わってきました。












ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

距離感と受け渡し

基礎と2vs2を行いました。 テーマは『距離感と受け渡し』です。 ディフェンス時にマークを受け渡すことにフォーカスしました。 距離感に関しては インターセプトを狙いつつも 相手に背後を取られない距離を意識するように伝えました。 相手に付けるようにはなってきていますが 同時に付き過ぎると背後も狙われやすくなるので その辺は相手の選手の特徴にも合わせて 適切な距離を設定する必要があります。 マークを受

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page