top of page

試合との共通点の提示


 

【menu】

❶3vs1(15mダッシュあり)→❷6vs3→❸5vs3→❹ゲーム

 

【keyfactor】

・コーチング

・状況判断

 

3vs1では常に心拍数の上がった状態を保つ為

15mダッシュを繰り返しながら行いました。



息の切れた状態でスキルを発揮するのは難しく

頭も回らなくなるので状況判断のミスも出てきます。



サッカーは常に心拍数の上がった状態でプレーするスポーツなので

できるだけ試合に近い状況を作ることが大切です。

どれだけ試合をイメージさせれるか

トレーニングにリアリティを持たせられるかがポイントです。



ゲームでも自然と組み立ててプレーするようになってきました。

自分達でどうしたら崩せるか判断できていました。

コミュニケーションも取ってプレーを合わせようとしているのも伝わってきました。












ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

フィジカルトレーニングを行いました。 火曜日にフィジカルトレーニングをやった選手は別メニューで ボールを使ったトレーニングを中心としました。 日産カップまで後3日。 相手とのレベル差を考慮すると 対策するには時間が足りませんが 今、やれることを全力でやって 少しでも勝てる可能性を上げていくことに集中しています。 今回、選手達と話し合いの中で これまで積み上げてきたものを試す場として 現状、どの位置

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page