top of page

角度をつけるとは

横浜校(プリマ)



今日のテーマは【角度をつける】でした。

ボールの受け方にフォーカスしたトレーニングでした。


よく選手達に「角度をつけろ!」と言いますが

動きを見ていて、いまいち伝わっていないというか

選手と自分との間に、『角度のついている位置』にズレがあるように感じる時があります。


角度のついた位置というのは

相手からインターセプト(パスカット)されない位置で

パスコースに入っていることを指すのではありません。


レベルが上がるとあえて攻めた位置にポジションを取ることもありますが

まずは相手が完全届かない位置にポジションを取る習慣をつけてほしいと思っています。


ボールホルダーの位置、ボールホルダーとの距離、相手の位置

この3つを見て、瞬時に触られない位置を取れるように

初めは少し大袈裟なくらい角度をつけても良いと思います。



雅斗は試合でもトレーニングでも

かなりポジショニングが良くなったことで

相手との距離が取れて

フィジカルコンタクトが減り

ボールロストする回数が減りました。



悠氏は身体の向きが良いので

視野をしっかりと確保できていますね👍

角度をつけるのは簡単なようでとても難しいので

意識して相手の届かない位置を取るようにしましょう!


今日のMVPは、、、海凪!!👏✨

パス&コントロールが上手くなりましたね👀

ポジションニングも良く理解できるようになってきました😄👍






ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

子供のマインドを変えるには

千葉印西校。 今日のテーマは『駆け引き』でした。 相手との駆け引きしながら 自分のプレーを選択することにフォーカスしました。 サッカーの醍醐味の1つに 相手との駆け引きで勝つことがあります。 色んなスポーツがありますが サッカーは駆け引きによって実力差をひっくり返せるスポーツです。 例えば優勝争いしているチームが 残留争いしているチームに勝つことも珍しくありません。 戦い方次第では戦力の差を埋める

チャレンジとサポート

『駆け引き』をテーマにトレーニングを行いました。 数的優位のポゼッションで 相手の状況に合わせて サポートするのか それともチャレンジするのか 状況判断しながらボールを動かすトレーニングです。 数で勝っている状況なので 駆け引きで負けなければロストはないし 相手にダメージを与える脱出の仕方も作れます。 技術的な改善点はまだまだありますが 「サッカーを知る」と言う意味で 何が良いプレーで 何が良くな

Comentários


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page