top of page

視野の確保と身体の向き

新木場校(フィジカルクラス&エリートクラス)



今日のテーマはフィジカルが【意識して取り組む】

エリートが【リターン&展開】でした。



フィジカルトレーニングは先週と同じテーマで

心拍数の上がった状態でどれだけ正確なスキルを発揮できるか

そこにフォーカスしたトレーニングでした。



しんどくなってくると、簡単なキックさえも精度が落ちてミスが出てきます。

それを如何に疲れていても正確に、当たり前のことを当たり前にできるかが重要です。



このクラスの選手達は、みんな頑張れる選手達ばかりで

フィジカルトレーニングも全力でやってくれます。

その結果、かなりフィジカル能力が高くなっていますし

特に類や拓奨は特徴と言っていいくらいに

強いフィジカルを作ることができています。



エリートでは展開のトレーニングをしました。

逆方向にボールを運ぶ際に

視野の確保と身体の向きを作ることにフォーカスしました。



何度も言ってきたことなので

全員が意識してできていましたね!

このクラスはお台場の頃、品川の頃から長く通ってくれている選手が多く

とても思い入れのある選手達です。



6年生も多く、卒業してしまうのは淋しいですが

みんなサッカーだけでなく、人間的にも立派に成長しました。

残り数回のスクールも、1回1回を大切にして

全力でサポートしていきますので

休まずにご参加してください🙇‍♂️✨



本日のMVPは、、、陸!!👏✨

技術、体力、メンタル、、、

全てにおいてハイレベルでした👀

理解力も高くどんどん吸収できています😄👍






ペルージャジャパン

河井コーチ

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

走れないサッカー選手はいない

U10はトレーニグマッチを行いました。 ディフェンスの意識を高く持って マークをタイトについて インターセプトを狙うことをテーマにしました。 何度か自分達のミスから失点されることもありましたが 全体的に試合の中で成長が感じられる内容でした。 凉丞はセービングだけでなく 高いポジションを取ってシュートも果敢に狙うことができ 今日はフットサルルールでしたが サッカーの大きなコートでも 同じように高い位

メソッドとして整理されているか

千葉印西校 テーマは前回と同じ『運ぶ』でした。 前回、ドリブルは大きく分類して2つあるという話をしました。 1つは相手を抜くドリブル。 もう1つは運ぶドリブル。 運ぶの定義は、相手に取られないようにドリブルすることで。 実際の試合ではこちらのドリブルの方が良く使います。 日本ではドリブルを専門に扱うスクールが沢山あって 集中的に専門性高く取り組むことで 個の力が付くというのが謳い文句ですが ドリブ

Comentários


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page