top of page

複数のトレーニングを入れ替え効果



フィジカルトレーニングを行いました。

座ったり、寝転んだりした状態から起き上がり

基礎技術を向上させるトレーニングでした。


バランスを崩さないことが最も大事ですが

プレーの中でバランスを崩す場面は必ずあります。

その時に如何に早く体勢を立て直せるかが重要です。



トレーニングは4つのグループに分けました。

①ボックス

②メディシングボール

④アジリティー

⑤持久走


それぞれに違った目的があり、異なる動き、方法を取ることで

フィジカルトレーニングといった、強度の高いトレーニングでも

集中力を保つ狙いもあります。


トレーニングが入れ替わることで、気持ちが切り替わり

また強度の高いトレーニングに集中して取り組め

結果的に効果的にトレーニングが行えます。


今週末は大会があるので、選手達もやる気があり、雰囲気も良いです。

力をつけてきている選手も出てきているので

チーム内での競争もあって、お互いに切磋琢磨して高め合えています。


コーチがコーチングしなくても、選手同士が指摘し合えているし

そのコーチングの質も以前よりハイレベルなものになってきています。

スキルもそうですが、心もちゃんと成長していますね!



明日、明後日もしっかりと準備して

良い状態で大会に参加できるようにしましょう。






ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

U8は昨日の試合で課題だった ディフェンス面に取り組みました。 どこでボールを奪うのか 狙いを持って意図的に奪うことをテーマにしました。 チャレンジとカバーをはっきりさせ コースを限定して相手の出しどころをなくす。 とても手応えがあって 1時間があっという間に過ぎました💦 最後の方は良い形で奪うことができて ポジショニングも少し良くなりましたね! 伝えたいことが多くて 時間が足りていませんが 限

U8はトレーニングマッチでした。 横幅を大きく使うことをテーマにしました。 オフェンスに関しては意識してサイドチェンジがあったり ワイドのポジションを取ることで センターハーフにボールをつけることができ そこから良い形でゴールを奪えるシーンもありました。 この年代の選手達はまだ何が良いプレーで 何が良くないプレーなのかの判断ができません。 ワンプレー毎に「ナイスプレー」「こうした方が良い」と 声を

ステップワークと基礎トレーニングをメインに行いました。 『スピード感を持ってプレーする』 日産カップで掴んだ今後の成長へのヒントを意識して 基準と強度を上げながらトレーニングしました。 選手達も少し元気を取り戻しつつあるし 次の試合に向けて良い準備ができそうです。 低学年の選手達は とても成長が早くて驚かされます。 良い見本が目の前にいることは 彼らのメンタル面やプレー面の成長に 良い影響を与えて

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page