top of page

良いお年を

ウィンタースクール最終日


今日でウィンタースクールも最終日となりました。


今回はフィジカルトレーニングという

選手達にとっては少し憂鬱な内容だったかと思うのですが

色んな箇所が筋肉痛になりながらも

みんなとても頑張って取り組んでくれました。


最終日はクロスフィットと

相手をプレッシャーを受けた状態でのキープを行いました。


相手に身体を預けた状態でボールを受ける技術は

ジュニア年代で持っている選手はなかなかいません。


ポジションやプレースタイル的には

今回参加したメンバーでは

瑛大や大峨は身に付けておくと

今後のサッカーにおいてすごく有効で

2人ともそれができるポテンシャルを持っています。


瑛大は試合でも背負って受けるのが上手くなってきましたね。

大峨はまだ背負うという概念を持っていませんが

これから背も伸びそうですし

時間(タメ)を作れる貴重な選手に育っていく気がしています。


今日で最後なのが勿体ないくらい

最高なチームでのトレーニングでした。


身体の疲れや痛みがあると思うので

少し休んで回復してもらって

休み明けでも動けるように

休みの間もトレーニングするようにしてください。


では、これで今年の全日程が終了となります。

今年はグラウンド問題から始まり

去年に引き続き大変な年となりましたが

ご迷惑をおかけしたにも関わらず

チームに残ってくださりありがとうござました。

来年はチームとしてより充実したサービスを提供していく為

大きく変わっていく年にしたいと思います。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。





ペルージャジャパン

河井

閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

Comments


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page