自由な発想


【menu】

❶基礎トレーニング→❷4vs2、3vs1→❸6vs4→❹シュート→❺ゲーム

【keyfactor】

・身体の向き

・視野の確保

・動作の速さ


身体の向きをテーマにトレーニングを行いました。

前回の試合の映像を観ながら昨日みんなで振り返って

身体の向きの悪さから視野が確保できておらず

それによりプレーから余裕を失ってしまっていることを確認しました。



ボクシングで見えないところからくるパンチが

1番ダメージがあるという話を聞いたことがあります。

予測ができないからディフェンスができず

それ程強いパンチでなくてもダメージが大きくなってしまうそうです。

サッカーも同じで、自分の視界に入っていないところから来る相手のアプローチには

それ程恐る距離感でなくても距離感が分からないのでプレッシャーを感じてしまいます。

振り向けるシーンでもバックパスをしてしまうのはこれが原因ですね。



まずはしっかりと良い身体の向きを取って

相手との距離感を把握することが

ボールを受ける上で最も大切なことです。



リョウタは初め身体の向きが課題でしたが

意識してトレーニングしてくれていることもあり

すごく受け方が上手くなりました。

受け方で言えばユヅルがいつも冷静にプレーできるのは

ポジショニング(身体の向き)が良く

常に視野を確保できている体と思います。



今日はアイも元気よくプレーできていました。

試合では前から全力のディフェンスと

ゴールに絡むプレーも多くありましたね。



ゲームの中で前に向かうプレーが多かったのも印象的でした。

この間のゲームで仕掛けるシーンが少なかったことを指摘したことが

選手達の頭に残ってくれていたのかもしれません。

少し僕がビルドアップ時のルールを強調し過ぎて

自主性が失われていると感じていたので

選手達が自由な発想で楽しんでプレーできたことは今日の収穫でした。

本日もトレーニングにお越し頂きましてありがとうございました!











ペルージャジャパン

河井コーチ

40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジュニアこそ映像を。

映像分析を行いました。 試合を振り返ることで、個々のプレーの改善、チームとしての方向性の確認、サッカーへの理解が深まります。 今日選手達に伝えたのはプレーの優先順位について。 サイド、トップ、バックに3つのポジション別に 優先順位の確認を行いました。 試合ではフリーズ(止めて確認)することができないので シンクロ(止めないで確認)でのコーチングになります。 ジュニアの選手達はまだ経験が少ないので

脆さ

トレーニングマッチを行いました。 前回、大差で負けたチームとの再戦で この夏にチームとしての成長をはかる上で良い機会となりました。 1試合目、2試合目は勇気を持ってチャレンジができていました。 それ以降に関してはいくつかの箇所でバランスを失い ディフェンス面で甘さが出てしまいました。 チームとしてはすごく良くなってきているので 全員がポジティブな状態の時は しっかりとゲームを組み立てられるようにな

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon