top of page

自分の為の発言なのか、否か

U9はトレーニングマッチを行いました。


相手はサイドからの突破が上手く

ボールに寄り過ぎてエリアの中で

フリーを作ってしまう場面が多くありました。

オフェンス面ではビルドアップ時に

角度をつけて受けることができるようになって

試合の中で成長が感じれらました。


結果的には厳しい内容ではありましたが

これからの期待感という意味では

伸び代を感じることができました。

試合中に1人の選手のポジショニングが気になって

説明の為に選手を交代させて

「ここはこうした方が上手くできるよ」

と、気になった部分の話をしました。


その後、その選手は期待以上に高いパフォーマンスを発揮しました。


選手達と話をしていて

今回のようにすんなり聞き入れてくれるときと

そうでない時があります。

同じようなことを話していても違いがあります。

おそらく子育てを行なっている中で

皆さんも似たような経験があるのではないでしょうか?


今回、合同チームということもあり

選手の特徴が明確にわからないこともあり

初めてのポジションや慣れない部分が多くありました。

その為、いつも以上に伝えたいという想いも強くあり

言葉に対しての熱量も自然と高くなりました。

選手達は、その言葉が自分の為の発言なのか、否か。

これを察知する能力が備わっています。

多くのコーチ達、そして親達は

その事実を理解出来ていないように思います。


コーチングや子育てからは

その人の人間性、背景、能力などが透けて見えます。

その選手のことを想って話す、行動する。

自分の想いを聞き入れてほしかったら

まずは相手のことを考えて理解することがからはじめることが大切かもしれません。


保護者の皆様

本日は審判のご協力をして頂きましてありがとうございました。

お陰でコーチングに集中することができました。





ペルージャジャパン

河井


閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

聞いて処理する習慣

動き出しをテーマにトレーニングを行いました。 先週も同じテーマだったので より理解が深まり 受け手も出し手も意識してプレーできており 改善されていっているのがわかりました。 理解というところで トレーニングをする時に大事なのは ただ聞くだけでなく頭を連動させることです。 U9もU12も 「聞いてはいる」ものの 「理解していない」状態になっている選手がかなりの割合でいます。 耳にまでは届いてはいるも

走れないは楽しめない

トレーニングマッチを行いました。 U9は相手のサイドから個人技で崩されてしまい CBがカバーに入る為に中央から引っ張り出され エリアの中でフリーを作ってしまいました。 最後は試合では1対1で飛び込まずに シュートブロックをしっかりとでき 攻撃では一翔の突破と 大峨の積極的なミドルシュートからチャンスを作り 何とか1点を守り切れました。 まだ技術的な差はあるので もっとトレーニングできる時間を作りた

Commentaires


  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page