top of page

自分にあった感覚

ラ・テクニカ(川崎)



新年度のラ・テクニカ(横浜)がスタートしました!

今日は初回ということもあり、原点に戻って【オープンスキル】をテーマに

ボールタッチの感覚領域を広げていくトレーニングを行いました。


感覚領域を広げることで

細かなボールタッチが可能になり

ボールを自在に動かせるようになります。


この感覚領域が広くないサッカー選手も沢山います。

サッカーはボールタッチが上手いことが最も重要ではないので。

実際に海外の選手は日本人のように上手くボールタッチができない選手が多いです。



ただし、感覚を良くするにはジュニア年代でやっておいた方がいいことが多いので

ラ・テクニカではできるだけ領域を広げられるようなトレーニングを行っています。


ボールタッチの技術は使い方が大事で

判断の元で使わないと間違った方向に進んでしまいます。



技術をサッカーで活かすことが最終的な目的としてほしいです。

ここでは技術を徹底的に行い

育成クラスやアカデミー、所属のチームで

判断しながら適切な技術がチョイスできるようにしていきましょう!



初めは難しいと感じることもあるかと思いますが

必ずできるようになるので心配しないでください。

こういったスキル系のトレーニングはとにかく繰り返し反復することが大事です。

その中で『自分にあった感覚』が見つかるので。



それは身長、体重、手足の長さ、スピードなど

人によって最良のボールタッチは変わります。

ここで教えるのは基本的な動作で

繰り返してやることで、「こう動いた方(タッチした方)がやりやすいな、、、」

というように、そこから自分の感覚が見つかっていくので

感覚が掴めるまで根気よく続けていきましょう!



今日のMVPは、、、陸!!👏✨

感覚的に必要な動き、必要なタッチが

随所で発揮できていました👀

最後のゴールは見学の方々が拍手してくれる程圧巻でしたね😄👍

ペルージャジャパン

河井コーチ


閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【1対1】でした。 対人プレーの強化を行いました。 足元の技術がついてきて ボールを思い通りにコントロールできるようになってきている選手もいます。 次のステップとして それを相手のいる中で効果的に発揮できるかが大事です。 相手がいると 間合いや緩急、タイミングなどの要素も絡んでくるので コーンドリブルが上手い選手と 対人での1対1が上手い選手は全く異なります。

ラ・テクニカ(横浜) 今日のテーマは【2vs1】でした。 対人プレーにフォーカスしたトレーニングです。 2vs1はオフェンス側は 勝たないといけないシュチュエーションです。 最低でもシュートまではいけるように意識してください。 優先順位は ①自ら突破してシュート ②味方を使ってシュート ③味方を使ってリターンをもらってシュート パスの本数が多くなればなるほど 実際の試合では数的優位ではなくなる可能

  • 黒のYouTubeアイコン
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Facebook Icon
bottom of page